テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  HOME > 作業環境排気について > 暑熱対策 > クリーニング工場の暑熱対策施工例
作業環境排気について作業環境排気について

クリーニング工場の暑熱対策施工例

クリーニング工場の暑熱対策施工例

導入経緯

クリーニング工場では多量の熱気や蒸気が発生し、これらの熱が工場内に滞留します。既設の換気設備では高温、高湿度になるため空調環境を改善したい。

『施工要点』

  • 温度、湿度を低下させ、従業員が作業し易い環境にしたい。
  • 少ない電力で効果を出したい。
  • 高温気体や蒸気を効率よく排出したい。
  • 冷風によるスポット冷却では従業員が体調を崩すので、外気を作業スペースに流したい。
  • 工場内の気流は衣類が捲れない程度の風速にしたい。

施工概略

・排熱及び換気促進用として誘引ファンを設置。  ・給排気用に圧力扇を設置。

施工写真
  • クリーニング工場 暑熱対策箇所
    クリーニング工場 暑熱対策箇所
  • 排熱、蒸気対策用 誘引ファン
    排熱、蒸気対策用 誘引ファン

  • 給排気用 圧力扇
    給排気用 圧力扇
  • 場内換気促進用 誘引ファン
    場内換気促進用 誘引ファン

成果

対策前に比べ、温度は7℃、湿度は20%低下しました、
誘引効果で窓から大量の外気が流入し、工場内に気流が発生し従業員が涼しさを感じるようになりました。

作業環境排気に関する詳しい内容は、お近くの事業所へお問い合わせください。

事業所一覧はこちら

▲ページの上部に戻る

POWER OF STREAM