テラル 水と空気で未来を創る
トップページ製品情報お問い合わせ採用情報企業情報環境活動サイトマッププライバシーポリシーEnglish page
  HOME > 採用情報 > 教育研修制度(技術職)
採用情報
recruting-site
技術職 営業職

教育研修制度

入社後の新入社員研修、及び技術職を対象とした専門教育について、ご紹介します。

社員研修について

入社前研修

入社式を3日後に控え、街を離れた静かな環境で入社前研修が始まります。この研修でこれから社会に出て行くために必要な知識と心構えを身に付けます。もちろん、研修は学生時代のように優しいものではありませんが、親睦をはかり同期の団結力を高めるためにソフトボール等のレクリエーションもあります。この3日間で学生から社会人に変わっていく自分を徐々に感じ取れることでしょう。
 

入社時研修

入社後約2週間は会社のすぐ隣の独身寮、「朝日寮」に泊まり込んでの研修です。製品のしくみ、社内規則等を学びます。ポンプや送風機のしくみや理論など座学での研修が中心となりますが、工場内を見学して回ったり、ポンプ、送風機を分解する機会もあります。
「朝日寮」で共にした寝食はいつまでも思い出に残ることでしょう(笑)。
 

現場研修

技術系社員は配属前に製造現場に約1ヶ月の研修に出ます。これまでに学校で学んできたことだけではものを実際に作ることはできないし、イメージを形にしていくのに何をすれば良いのかを知らなければなりません。加工、組み立ての苦労、緊張感、満足感などを体で経験することにより、基礎知識をたくわえ、新入社員研修が終わる頃には先輩社員との距離も縮まり、技術者の視点で物事が見えてくるでしょう。
営業系社員は配属前に実際にポンプや送風機を設置現場へ同行し、見て、修理の手伝いをする研修、通称「TEG」研修に出ます。「TEG」とはテラルの商品がいつも安心して使える様、24時間修理対応をしてくれる人達の集り。いわばテラルの商品の端々まで知っている人達に同行し机上の知識だけでなく、目で見て触って、活きた知識を身につけます。
 

フォロー研修

入社後は配属後1年目、2年目、3年目にフォロー研修を行います。各部署に散らばっている営業、技術系の同期が一同に集まり、今自分のしている仕事内容等について発表します。お互いに1年間の成長ぶりに刺激されあい、やる気が湧いてくるはずです。また、泊まり込みの研修なので盃を交わしながら久々の再会に盛り上がることでしょう。
 

テラルスクール

技術系社員の2年目以上が対象です。2ヶ月に1回位のペースで「テラルスクール」を開講。内容は材料力学、電気、製図など学校で1度は学んできたことですが、社外から講師をむかえての講議は基礎から応用に至るまで広範囲に渡り、知識の向上に役立つことでしょう。
 

流体力学講座(任意)

今年は不定期ですが年6回開講します。大学から講師を招き流体力学の基礎を学びます。基礎と言っても流れを解析するのに必要な数値計算法に始まり差分法、有限要素法まで触れていて内容的には奥が深いものになっています。
 

講習会(任意)

学会や一般企業の行っているセミナー等を受けることが可能です。このような機会を積極的に利用し、知識に幅を広げて仕事に活かしてください。
※技術職対象  
POWER OF STREAM